よく効くクラビットのジェネリック医薬品!

レボフロックスはクラビットのジェネリック医薬品

レボフロックスとは

レボフロックスは、有効成分にレボフロキサシンを含む抗生物質です。

海外の製薬会社であるシプラ社が製造・販売しています。

さまざまな細菌と症状に対して効果を発揮し、一般的な症状はもちろん、細菌が原因で引き起こされる性感染症の治療にも使うことができます。

病院でも処方されることが多く、身近な抗生物質の一つだといえるでしょう。

レボフロックスと同じ成分を含んでいる薬には、クラビットもあります。

クラビットとレボフロックスではどのような違いがあるのか、気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実はレボフロックスはクラビットのジェネリック医薬品のため、成分が同じになっています。

日本ではあまり知られていませんが、ジェネリック医薬品は先に発売された先発薬よりも価格が安いという特徴があります。

そのため、レボフロックスはクラビットに比べ、お得な価格で手に入れることができます。

性感染症を治療したい、またはもしものときに備えておきたいという方は、レボフロックスを選んでみてはいかがでしょうか。

クラビットについて

レボフロックスの先発薬にあたる、クラビットとはどのような医薬品なのでしょうか。

多くの人に知られている薬なので、実際に処方されたことや名前を聞いたことはあっても、どのようなものなのか詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。

レボフロックスについて知る前に、その先発薬であるクラビットについて確認しておきましょう。

クラビットは有効成分としてレボフロキサシンを含んでいる、ニューキノロン系の抗生物質です。

第一三共株式会社が開発し、1996年にはアメリカで医療承認を受けました。

レボフロックスと同様、さまざまな細菌に対して効果を発揮し、ほかの抗生物質と併用して結核や髄膜炎などの治療に使われることもあります。

少ない投薬回数で高い効果を発揮するのが特徴で、投与ルートは経口投与のほか、静脈注射や点眼もあります。

もっとも一般的なのは経口投与ですが、このように、ほかにもさまざまな投与ルートがあります。

高い効果と、そのときに合わせて適切な投与ルートを選べるのがクラビットの魅力です。

ジェネリック医薬品とは

すでに触れているように、レボフロックスはクラビットのジェネリック医薬品です。

しかし、日本は医療制度の関係から、海外に比べてジェネリック医薬品が浸透していません。

そのため、そもそもジェネリック医薬品とはどのようなものなのか、内心疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

ジェネリック医薬品とは、先発薬の特許が切れたあとに作られる医薬品のことです。

有効成分と配合量が先発薬と同じのため、先発薬と同じ効き目と安全性を期待することができます。

これらは先発薬と同じでなければいけないと定められているため、先発薬に比べて効き目や安全性が劣るということはありません。

また、ジェネリック医薬品はすでに効果があるとわかっている成分を使って作られています。

開発や研究に時間とお金をかけていないので、それらの費用を回収する必要がなく、先発薬よりも価格が安くなっています。

効き目が劣るから価格が安いというわけではないので、ご安心ください。

レボフロックスの特徴

レボフロックスが効果を発揮する細菌の種類は幅広く、数多くの細菌に対して使用できます。

淋菌やクラミジア・トラコマチスはもちろん、ブドウ球菌属やレンサ球菌属、さらには結核菌や緑膿菌などにも効果を発揮します。

ほかにもさまざまな細菌に効果があるので、それに伴い、適応症も幅広いものとなっています。

ほかの抗生物質が効きにくい肺炎マイコプラズマや、肺炎クラミジアに対しても効果を発揮します。

ニューキノロン系の抗生物質の中でも、特に抗菌活性が強いといわれているので、これがレボフロックスの最大の特徴といえるでしょう。

また、レボフロックスはほかの抗生物質にアレルギーがある人も服用することができます。

ペニシリン系やセフェム系など、ほかの抗生物質にアレルギーがある場合、これらの系統に分類される薬を使うことができません。

しかし、レボフロックスならこのようなケースでも、アレルギーの心配をすることなく症状を治療することができます。

このように、レボフロックスには幅広い有効性とほかの抗生物質へのアレルギーがある場合でも使えるという、2つの特徴があります。

レボフロックスの通販

さまざまなメリットがあるレボフロックスですが、実際に購入しようと思った場合、どのようにして手に入れればいいのでしょうか。

実はレボフロックスは通販で手に入れることができ、通販なら病院よりも安価な価格で購入することができます。

レボフロックスを取り扱っている通販は、海外の医薬品を取り扱っている通販です。

このような通販は「個人輸入代行の通販」と呼ばれており、海外の業者から直接レボフロックスを購入することができます。

通販ならわざわざ病院に行かなくても、手が空いたときにパソコンやスマートフォンを使って、レボフロックスを注文できます。

診察費や移動費もかけなくてすむため、病院で処方してもらう場合よりも薬代を安く抑えることも可能です。

医薬品の通販と聞くと、不安に感じてしまう場合もありますが、このようにさまざまなメリットもあります。

よりお得にレボフロックスを手に入れたい、薬代を節約したいという場合、通販を利用してレボフロックスを購入することをオススメします。

レボフロックスを開発するシプラ社とは

レボフロックスを製造しているシプラ社は、1935年に設立されたインドの製薬会社です。

マハーラーシュトラ州のムンバイに本社を置いており、北米や南米、アジア、ヨーロッパなど、世界150カ国に医薬品を輸出しています。

数多くの剤形製造技術を持っており、抗生物質や抗がん剤、HIV治療薬を中心に1500種類以上の治療薬を販売しています。

その製薬施設は世界10カ国に存在しており、各国の許認可機関に承認されています。

インドには、ほかにもジェネリック医薬品を製造している会社があります。

シプラ社はその中でも、ジェネリック医薬品の筆頭格メーカーとして知られており、大手の製薬会社の一つに含まれています。

インド国外では、発展途上国向けHIV陽性患者のための低コスト治療薬を製造していることで有名です。

あまり知られていない製薬会社の医薬品を使うのは不安に感じてしまうという人でも、シプラ社が作っている医薬品なら安心して使うことができるのではないでしょうか。

クラビットのジェネリック医薬品を試したいときは、シプラ社が作っているレボフロックスをオススメします。

まとめ

レボフロックスは、特徴と価格、2つの面から見て優秀な抗生物質だといえます。

大手の製薬会社が作っている商品なので、海外の医薬品を使うときは安全性を気にする人でも安心して使うことができます。

また、病院で処方してもらうだけでなく、通販で購入することもできるので、病院に行かなくてもレボフロックスを手に入れることができます。

性感染症の治療をするために抗生物質を使う場合、病院に行かなくても済むので、より気軽に症状を治療することが可能です。

クラビットのジェネリック医薬品は、ほかにもさまざまな種類がありますが、レボフロックスはその中でも特にオススメです。

何らかの理由で抗生物質を必要としている人はもちろん、手元に抗生物質を備えておきたいという人も、レボフロックスを選んでみませんか?