よく効くクラビットのジェネリック医薬品!

レボフロックスは様々な疾患に効果があります

レボフロックスの効果について詳しく解説

クラビットのジェネリック医薬品の一つであるレボフロックス。

高い効果がある抗生物質として知られていますが、具体的にはどのような効果があるのでしょうか。

どれだけ優秀な医薬品でも、その薬について正しく知らなければ、安心して使うことはできません。

不安や心配を感じずにレボフロックスを使うためにも、具体的な効果を知っておくことはとても大切です。

実際にレボフロックスを服用する前に、どのような効果があるのか確認しておきましょう。

レボフロックスはクラビットのジェネリック

クラビットとレボフロックス、効果にどのような違いがあるのか気になっている人ももしかしたらいらっしゃるかもしれません。

これらの医薬品は先発薬とジェネリック医薬品という関係にあり、クラビットのほうが先発薬にあたります。

ジェネリック医薬品は有効成分の配合量が先発薬と同じになるように作られています。

このような特徴があるため、レボフロックスの効果はクラビットと同じであるといえます。

クラビットとレボフロックスで効果が劣ったり、どちらかのほうがより効果が高かったりすることはありません。

ジェネリック医薬品は効果が劣るのではと今まで勘違いしていた人は、このことをしっかり頭に入れたうえでレボフロックスを使いましょう。

レボフロックスの効果

レボフロックスの効果は、幅広い疾患と細菌に発揮されます。

性感染症を引き起こす細菌はもちろん、抗生物質が効きにくい細菌に対しても効果的です。

しかし、具体的な適応菌種や適応症について知らないと、レボフロックスの効果を引き出すことはできません。

また、効果だけでなく、ほかの医薬品との相互作用や作用機序について確認しておくことも重要です。

レボフロックスが効果を発揮する細菌や症状の種類なども、しっかり確認しておきましょう。

適応菌種

レボフロックスが効果を発揮する細菌の種類は、多岐にわたります。

代表的なのは淋菌とクラミジア・トラコマチスの2つです。

ほかにもインフルエンザ菌や緑膿菌、大腸菌などの有名な細菌に対しても効果を発揮します。

これらの細菌だけでなく、ブドウ球菌属やレンサ球菌属、肺炎球菌、さらにはペスト菌やコレラ菌にも効果的です。

レボフロックスが効果を発揮する細菌はほかにもたくさんの種類があり、数多くの細菌を死滅させることができます。

また、レボフロックスはクラミジア・ニューモニエやマイコプラズマ・ニューモニエなど、一般的な抗生物質が効きにくい細菌にも効果を発揮します。

このように、レボフロックスの適応菌種は非常に豊富で、数多くの細菌を死滅させることができます。

適応疾患

レボフロックスが効果を発揮する症状は、主に淋病とクラミジアです。

しかし、これだけでなく、レボフロックスはほかにもさまざまな症状に対して効果を発揮します。

表在性および深在性皮膚感染症やリンパ管・リンパ節炎、扁桃炎や肺炎などにもレボフロックスが効果的です。

前立腺炎や精巣上体炎、子宮頸管炎といった男性・女性特有の症状にも効果を発揮します。

このように、レボフロックスは適応菌種だけでなく、適応症も幅広いものとなっています。

また、レボフロックスは慢性呼吸器病変の二次感染や、細菌による二次感染やその予防を目的として一般的なウイルス性の風邪に使われることもあります。

場合によっては、眼科感染症や耳鼻科感染症、歯科感染症の治療に使用することもあります。

相互作用

医薬品は併用することによって、何らかの相互作用が現れる場合があります。

レボフロックスも例外ではなく、異なる医薬品と併用すると相互作用によってさまざまな症状が引き起こされる場合があります。

こういった医薬品は併用注意薬といわれており、すでに何らかの医薬品を服用している人がレボフロックスを使うときは注意が必要です。

特に気をつけたいのが非ステロイド性の消炎鎮痛剤で、レボフロックスを併用するとGABA抑制作用が強く現れてしまう可能性があります。

作用機序

レボフロックスに有効成分として含まれている成分は、レボフロキサシンです。

クラビットにも含まれている成分ですが、レボフロキサシンはどのようにして抗菌作用を発揮するのでしょうか。

細菌が体内で増殖するためには、タンパク質を合成する必要があり、それを行うにはDNAの複製をしなくてはなりません。

DNAの複製にはいくつかの酵素の働きが必要で、これらの酵素が正常に働くことによって細菌は増殖することができます。

つまり、DNAの複製が行われないようにすることができれば、細菌は体内で増殖することができなくなります。

細菌がDNAを複製する際に必要な酵素は、DNAジャイレースやトポイソメラーゼです。

レボフロキサシンはこれらの酵素の働きを阻害する作用があり、細菌のDNA複製を抑えます。

これによって細菌は体内で増殖することができなくなり、死滅します。

このように、レボフロキサシンは根本的な部分に働きかけることによって、細菌の増殖を抑え、抗菌作用を発揮します。

まとめ

ご紹介してきたように、レボフロックスの効果はとても高いものになっています。

そもそも体内で細菌が増殖できないようにすることで抗菌作用を発揮するため、レボフロックスは根本的な部分に効果を発揮するといえるでしょう。

疾患を引き起こしている原因となる細菌を効果的に死滅させることができ、その種類が幅広いのがレボフロックスの効果の特徴です。

しかし、ほかの医薬品と併用すると相互作用が現れる可能性があるので、すでに何らかの医薬品を服用している人はレボフロックスを使用する前にかかりつけの医師に相談することをオススメします。

レボフロックスの効果はどのようなものかをしっかり把握したうえで服用し、その効果を実感しましょう。