よく効くクラビットのジェネリック医薬品!

レボフロックスの正しい服用方法や服用中に避けるべきことを解説します

レボフロックスの服用方法

レボフロックスは複数の投与方法がありますが、もっとも一般的なのは内服薬です。

内服薬は錠剤を飲むだけでいいと思われがちですが、正しい飲み方がきちんと決められています。

レボフロックスの効果をより引き出すためには、正しい飲み方を守らなくてはなりません。

間違った飲み方でレボフロックスを使っても、その効果を上手く引き出すことはできません。

事前にレボフロックスの正しい服用方法を確認して、間違った服用方法でレボフロックスを飲まないように気をつけましょう。

正しい服用方法

レボフロックスは通常、500mgを1日1回、水やぬるま湯と一緒に経口投与します。

用量が500mgの場合は1錠、250mgの場合は2錠を服用しましょう。

疾患の種類や症状により適宜増減する場合もありますが、重症または効果が現れていないと思われる場合は1回200mgを1日3回服用します。

また、腸チフスやパラチフスなどの症状には、1回500mgを1日1回のペースで、14日間経口投与します。

250mgのものを使う場合は、通常時と同じように1回につき2錠を服用する必要があります。

このように、レボフロックスは症状や用量によっては服用方法が変化します。

それぞれのケースに合わせた服用方法があることをしっかり覚えておき、頭の中で混同してしまわないように注意しましょう。

間違った服用方法

レボフロックスを服用するときは、正しい服用回数と用量を守ることが大切です。

高用量のレボフロックスを一度にたくさん飲んでも、効果が高まったり、早く現れたりすることはありません。

むしろ副作用を起こりやすくしてしまい、大変危険なので服用回数と用量は必ず守りましょう。

また、症状が収まってくると自己判断で服用をやめてしまう人もいますが、服用期間を守らないというのも間違った飲み方に含まれています。

レボフロックスの服用期間中なのに服用を中断したり、飲み忘れがあったりすると、耐性菌を作りやすくなってしまいます。

確実に症状を治療するためにも、レボフロックスの服用期間中は服用を独断で中断せず、しっかり飲み続けるようにしましょう。

服用中に避けるべきこと

レボフロックスは、副作用として意識障害や精神変調が現れる恐れがあります。

これらの症状が現れることはあまりありませんが、軽度の副作用の中に眠気が含まれている以上、こういった症状が現れる可能性は十分あります。

そのため、レボフロックスを服用している期間中に自動車の運転をするときは注意しましょう。

自動車の運転に限らず、危険を伴う機械の操作をする場合でも同様に気をつける必要があります。

また、自動車や機械の運転だけでなく、レボフロックスの服用期間中に高所作業をする場合も注意しましょう。

基本的にレボフロックスを服用している間はこれらの危険を伴う作業を避け、どうしても行わなければならない場合のみに限定することをオススメします。

服用が終わった後は性病検査キットで確認

淋病やクラミジアといった性感染症は、レボフロックスをしっかり服用することで素早くかつ確実に治療することができます。

基本的に服用方法と期間を守っていれば、問題なく治療することができますが、服用が終わった段階で性感染症の検査キットを使って確認するようにしましょう。

もし症状が完治していない状態で服用をやめると、体内に残っている細菌が再び活動を開始し、再発する恐れがあります。

このようなパターンだった場合、表面上は完治したように見えても、レボフロックスの服用をやめると再び症状が現れます。

再発を防ぎ、確実に完治したことを確かめるためにも、飲み終わったあとは性感染症の検査キットを使って完治したかどうか確認しましょう。

まとめ

ほかの医薬品でもそうであるように、レボフロックスには正しい服用方法があります。

正しい方法で服用し、間違った方法を避けることで、レボフロックスの効果をさらに引き出すことができます。

反対に間違った方法で服用してしまうと、効果が半減してしまう恐れがありますし、場合によっては副作用が強く現れてしまうこともあります。

また、飲み忘れや勝手な服用の中断があると、体内にいる細菌がレボフロックスへの耐性を持ってしまい、症状が治りにくくなるケースも考えられます。

間違った方法でレボフロックスを服用してもメリットは得られないので、間違った方法での服用は基本的に避けましょう。

レボフロックスの正しい飲み方や服用期間を守り、飲み忘れがないように気をつけながら使用しましょう。